<Appendix> 歯周ポケットは、何故できるか

歯周ポケットについて説明します。


 歯周ポケットは、何故できるか

 歯周ポケットがどうしてできるかは、細菌、生活習慣など諸説あります。
私は、加齢現象の影響が一番大きいと考えています。つまり、老化です。誰もが、年を取ると肌の張りが悪くなり、皺ができます。髪の毛が白くなり、抜けていきます。その理由は年と共に血行が悪くなり、末端まで栄養が届かなくなるからです。

歯茎にも同じことが起こると考えるのが自然です。末端まで栄養が届かなくなり、少しづつ歯肉が壊死していきます。その結果、歯肉の末端である歯と歯茎の境目に隙間が生じます。つまり歯周ポケットが、形成されるのではないでしょうか。

夜更かしをする人、偏った食事をする人、ヘビースモーカーは、肌の張りが悪い方が多いです。
それは生活習慣が生む疲れが、老化を加速するからです。
煙草でも飲まないとやってられないという意見は、とりあえずおいて置きます。

歯周ポケットが老化現象の一つであるなら、生活習慣の影響を受けないはずがありません。
食いしばりや、噛み癖などの歯周組織に悪影響を及ぼします。
喫煙や不規則な食生活などの生活習慣や全身の健康状態は言うまでもありません。

その結果、口腔内の状態が悪化すれば、歯周組織の老化が進んでもおかしくないでしょう。
歯石や歯垢を放置していれば、尚更でしょう。

歯周ポケットという隙間ができれば、そこの食べかすも溜まります。食べかすを餌にばい菌が増えます。ばい菌は、食べかすを食べて、毒素を出します。歯肉は、腫れて益々状態が悪くなります。そしてついには、骨まで損傷を受けます。そして、その状態が5年、10年、20年と続いていくのです。

こうやって、歯周病が進行していきます。当然、歯周ポケットも深くなります。そして、ある一定の深さまで進行すると、症状がでます。歯がしみる。歯がグラグラする。歯茎が腫れる。etoc.etc.

『りんごをかじると、歯ぐきから血がでませんか』

一昔前に流行った歯磨き粉のキャッチコピーです。まだ若い加山雄三が演じていました。
この出血は、主に歯周ポケットからおこります。

歯ぐきから血が出るようになる前に、早めに治療をお受けください。




検査へ> <治療案内へ戻る>